Pocket

e72e5a5de3ee5c280e08ef21fe0a36d1_s

育毛ソムリエです。今回はハゲを隠す方法について。

ハゲと聞くと、冴えない、モテないというようにマイナスのイメージがありますが、最近はそんな概念も変わりつつあるようです。

ミドルエイジの雑誌のストリートスナップなどを見ていても、ハゲていても格好いい前例はどんどん増えてきています。TVを見ても、そういう工夫した男性が増えてきています。

ハゲを上手に隠す方法は、あるていど認知されてきていますが、今回は改めてそのポイントをまとめておくので参考にしてみて下さい。

ポイントは目線を下に下げさせること

頭がハゲてしまっている場合、最初にそこに目が行くと「ハゲている人」というレッテルで見られてしまいます。

だからこそ、目線を下に下げさせることが大事なんです。

ここでキーポイントになるアイテムは、眼鏡とヒゲです。

c21746be4b3bcfb39397e902a124e840_s

黒ぶちの存在感のあるお洒落な眼鏡や、整った髭を生やしているとまずそこに目が行くので、「お洒落に気を遣っている人」という第一印象を持たせられます。

仕事で髭が生やせられない場合は、眼鏡に集中すること。

昔のサラリーマンがかけているような細い眼鏡をかけている場合は、チェンジしてみましょう。

有る程度、お洒落な眼鏡やヒゲである必要はありますが、この点を乗り越えられれば目線を下に下げることができ、ハゲているかどうかという点に意識が向かなくなります。

髪はできる限り短くする。坊主も可

もはや定番と言えることですが、薄毛の場合は髪が短いのが有効です。

髪が短ければ短いほど、地肌に馴染むので、ハゲという印象が感じられなくなります。

特に坊主に近い形だと、その傾向は顕著になります。

髪を短くするのは抵抗があるという場合でも、どうしてもハゲが気になる場合は、思い切って切ってしまうことがおすすめです。

世界一格好いいサッカー監督とも言われるジョゼップ・グラウディオラのように、思い切って坊主に近い形にしてしまうと、もはやハゲというイメージすら持たれなくなります。

さらに髪の色を少し染める

ハゲが目立つのは基本的に、黒い髪とのコントラストによってもたらされます。

こちらも最近では知られるようになりましたが、髪の毛の色を地肌に近づけると、ハゲは目立たなくなります。

金髪の所ジョージさんの髪について誰も何も言わないどころか、芸能界でも有数の格好いい男性と言われるのも、髪の色にポイントがあるからです。

金髪は難しいと思いますが、少しでも黒色を緩和させたり、年齢が上がっていくにつれて白色系にしていくと印象が違ってきます。

髪を地肌に馴染ませる方法は、グラデーションが美しくお洒落なイメージも生まれるためおすすめです。

まとめ

今回挙げたポイントをまとめると下記の2つになります。

・目線を下げる
・髪を地肌と馴染ませる

この2つの意識だけで、ハゲは目立たなくなるどころか、自然とカッコいい男性に近づくことができます。

またこの方法論は、育毛をする上でもメリットがあります。

髪が短いと清潔で、育毛剤や育毛シャンプーがしやすく、育毛をする上でも最適な環境になると言えます。

ハゲが気になるという方は、育毛で髪が生えてくるまでは、今回挙げた工夫を施して格好いい男を演じて見てはいかがでしょうか。

心に余裕が生まれれば、もし育毛に取り組む上でもメリットになるのは間違いありません。

【関連ページ】
育毛サイト全体の目次はこちら
育毛剤のおすすめ比較ランキング【最新版】

Pocket