Pocket

ce81cd70fa6438c2081cd293ed9bf26e_s

30代になってから、それまでフサフサだった髪が突然ハゲ始めたことがあります。

今思えば、30代というのはハゲの進行が始まる年齢であり、
当然とも言えるのですが、当時はあまりのショックに足が震えました。

若い頃というのはハゲということを意識したことがなく、自分は遺伝的にもハゲないタイプではないのか?と思いこんでいました。

ただ、それは大きな間違いであり、誰しも年齢を重ねれば髪は薄くなります。

薄毛は一気に進行する!?

私自身が衝撃だったのは、ハゲというのは徐々に進行するのではなく早く進行するということでした。

30代になってから「頭が薄くなり始めたかな?」と思ったのが最後。

118661

私の場合は、そこから一気に髪が薄くなり、もう駄目だと諦めてしまうレベルまで髪の状況が悪化。

この「ハゲは突然やってくる」というのは覚えておいて損はないと思います。

ハゲが進行して私がした対策は、とりあえず育毛剤を入手することでした。

AGA治療薬は副作用が怖かったので当時、口コミで評判の高かったチャップアップを入手し、毎日のように使っていましたが、それだけでは飽き足らず育毛サプリも入手。

さらには、髪に良いとされる食事も積極的に取るようにしました。

全てはこのままでは「ハゲてしまう」という恐怖から出た行動でした。

ガムシャラにやった結果、髪は徐々に回復

こうして、がむしゃらに育毛をしていった結果、ハゲの進行が遅れてきて、そこから本格的に育毛対策に取り組むようになりました。

今では紆余曲折を経て、ハゲとは言えないレベルまで髪は戻っています。

育毛については育毛剤選びや、対策などしっかりとやる必要はあるのですが、今回の体験談から一つ言えることは、ハゲてきた場合に一番大切なのは「行動すること」

悩むより、考えるより前にとにかく行動してしまうことが大事です。

30代になると突然ハゲ始め、パニックになってしまうことはありますが、それは普通のこと。

私のように落ち込む必要はありませんし、誰しも通る道だと思って、何度も失敗してもいいので育毛をしていけば必ず道は開けるはずです。

Pocket