Pocket

investment1

育毛にかかる費用を軽減・捻出する方法を考えました。

薄毛に悩みを抱えている方は非常に多いですが問題となるのが費用です。

本格的に行う場合はクリニックか育毛剤は必須になります。

いずれもある程度の継続利用が必要になるため、まとまった費用が必要になります。
お金に余裕がない人からすると死活問題と言えるでしょう。

そこで今回は効率的に育毛費用を捻出する方法を徹底的にまとめました。

費用を軽減するコツ!最初は育毛剤は医療部外品を使う

育毛を考える場合、大まかにわけて2通りの方法があります。

1.AGAクリニックに通いAGA治療薬を利用する。

2.自宅で医療部外品の育毛剤を利用する。

AGAクリニックに通う場合、ミノキシジルやフィンペシアと言ったAGA治療薬が処方されます。
効果は期待できますが費用は高く、どのクリニックも希望する発毛剤だけ出してくれるわけではなく
基本的にまとまったお金が必要になります。

そのためAGA治療薬を「個人輸入」するという方法もありますがこちらはおすすめできません。
AGA治療薬は副作用リスクがあり医師から処方されることが基本であり、独断で利用するのは大きなリスクを伴います。

こうした全ての問題を改善する方法が「医療部外品」の育毛剤の利用です。

AGA治療薬と比べると効果は緩やかと言えるかもしれませんが、価格が割安です。
近年は育毛剤も進化しており、優れた成分を含んだものが登場しています。

こうしたことを踏まえてもまずは、医療部外品の育毛剤を使用することを意識すればコストは大幅に減少できます。医療部外品がダメな場合はAGA治療薬を利用するというステップがおすすめです。

育毛剤は定期コース、まとめ買いが基本

investment3

育毛剤は定期コース、まとめ買いをすると非常にお得です。
基本的に長く続けるものなのでどちらかを利用するのがおすすめです。

定期コースの場合は「定期縛り」と言って、一定期間は解約できないケースがあります。

しかし、この定期縛りの期間が短いもの、あるいはいつでも解除できる育毛剤もあります。

そうした育毛剤に狙いを定めて購入すれば、コストを大幅に削減することができます。

定期コース、まとめ買いと聞くと慣れていない方は敬遠しがちですが、育毛剤に関しては単品で買うよりもはるかにお得になるのでぜひ検討してみて下さい。

IPOとソーシャルレンディング投資で得た利益を育毛剤に回す方法

investment2

育毛剤の費用を捻出する上でおすすめなのが投資です。

投資と言っても株式投資ではありません。
株式投資はハイリスクハイリターンであるため大きく損するリスクがあるからです。

育毛剤の場合、月に1万円前後あれば充分足ります。

その月に1万円を捻出するためにおすすめな投資が『IPO』と『ソーシャルレンディング』です。

IPO投資とは?

IPOの正式名称は新規公開株。

これから新しく株式市場に上場する予定の株を事前に抽選で購入できるサービスです。

人気のIPOになれば上場時に2~3倍に価格が跳ね上がることがよくあります。
利益的にもこれだけで20万~30万円の利益が出ます。

基本的にローリスクハイリターンであり、投資の中でも1,2を争う人気があります。

当然、レッドオーシャンであるためIPOに当選できることはほとんどありません。

しかしながら1年に1回だけでも当選できれば、1年分の育毛剤の費用を回収できる可能性があります。
最近は当選も難しくなりましたが、おすすめの投資です。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングは今、最も注目を集める投資です。

投資型クラウドファンディングとも呼ばれ、インターネット上で投資家からお金を集め投資をすることで、好利回り・低手数料を実現しているサービスになります。

アメリカなどでは既に高い人気を誇っており、日本でも人気を集めつつあります。

期待利回りは高いものでは14%近いものがあり、商品によっては『保証会社担保』『不動産担保』付きのファンドもあるので保全性が高いのも魅力です。

しかも、一口数万円から投資することができるので、投資するお金がないという人でも始めやすいのが特徴です。とにかく個人投資家にやさしいサービスと言えます。

ソーシャルレンディングは株式投資のように何倍にもなるといった性質がない分、リスクも抑えられます.
投資信託のように高い手数料を払う必要もないため、高利率的な資金運用が可能になります。

このソーシャルレンディングを利用すれば、育毛剤の費用を捻出することが期待できます。

これから大きく成長する分野なのでおすすめです。

育毛にかかる費用を捻出するコツと投資方法

育毛にかかる費用を生み出すコツは以下の通りです。

・育毛剤は「医療部外品」のものを購入してコストを抑える。

・育毛剤は定期コース、まとめ買いを利用してコストを抑える。

・育毛剤を買うお金は「IPO」と「ソーシャルレンディング」投資を利用して捻出。
株式投資・FXのような大きなリスクを伴うものには手を出さない。

以上になります。

これらを実行すれば、育毛剤にかかる費用を大幅に軽減することができます。

育毛剤は長く続けるものです。

だからこそ、費用の面で負担をかけずに楽しく育毛を行っていきましょう。
そのため「IPO」や「ソーシャルレンディング」などのローリスク投資戦略もおすすめです。

Pocket